Information

たらい型水車を60秒でご紹介します

たらい型水車の特長を短い映像でご紹介します(茅野市での実証実験の映像)

たらい型水車実証実験がNHKニュースで紹介されました

たらい型水車実証実験

たらい型水車実証実験(茅野市運動公園)

2013年4月11日、長野県茅野市の茅野市運動公園内にて、弊社企画「たらい型水車」の実証実験をスタートしました。これは、たらい型水車の発電能力などを検証するための実験で、6月末までの予定で実施しています。11日の起動式には自治体、学識経験者、環境NPOなどの関係者にお集まりいただきました。またNHKをはじめ各マスメディアにも取材いただきました。

▼NHKビジネスニュースでも紹介いただきました
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130412/k10013859711000.html

たらい型水車による小水力発電

川端式たらい型水車[特許出願中]

排水時に発生する渦の力が、羽根を巻き込むようにして水車を回し、その回転エネルギーによって発電する小水力発電装置です。羽根に直接水流を受ける一般的な水車に比べて、場所を選ばず設置でき、身近なエネルギーを資源として活用できます。

  • 1.5m以下の低落差でも水量に比例した発電量を確保できます
  • 可動部品が水中にないため腐食に強く、耐久性の高い装置です
  • ゴミなどの混合物がある水流にも、除塵装置なしで設置できます
  • 魚などが自由に往来できる構造で、環境への負荷を最小限に抑えます
  • 懸架式で設置できるため、水路護岸部分への工事が不要となります
  • メンテナンスフリーのシンプルな構造で、維持コストを低減できます
  • 発電機負荷のない状態でも低い回転数を保ち、羽根や装置を傷めません

用途例

  • 養魚場などのオーバーフロー水の利用に
  • 温泉など温浴施設からの排水の利用に
  • 工場などの洗浄ラインからの排水利用に
  • 河川・農業用水などからの取水桝に
たらい型水車の活用例

たらい型水車の活用例

Started a trial run of electric vehicles.

Is being carried out at the hot spring Unazuki, the test operation of electric vehicles vans. Introduced as a courtesy car and “Fountain Green Hotel Hee” inn of the same hot spring, connecting the station and the local railway Unazuki Kurobekyokokutetsudo Unazuki Onsen Station and Toyama, and then collect and store run data. In the future, we aim to use local bus service as a community, take advantage of renewable energy such as small hydro and wind, “local production for local consumption of energy.”

A test-ride event for an omnibus electric vehicle “EMU”

The running test of electric Buss “EMU” that Gunma University including the local companies, the Electrical Unazuki Project Executive Committee and us have developed was performed at The Kurobe Chamber Of Commerce and Industry Fair on September 24, 2011.

This electric buss “EMU” can travel about 40 kilometers on an about-8-hour battery charge from 100 volt household power supply.
As it can also charge from the solar panel installed on the roof, it is possible to extend further 10 to 20 kilometers of mileage on fine days.

We have been aiming to use it practically as a transportation system around hot spring resorts or shopping district by the end of March, 2012.